行ってきましたボランティア

9/4・5・6と三日間かけて
宮城県南三陸町へボランティアに行って参りました

南三陸町の災害ボランティアセンター
南三陸町の災害ボランティアセンターです

まずここで受付 

個人ボランティア
団体ボランティア
と 受付が別れています

我々商工会は屈強?な男子13人なので・・・
体力勝負なボランティアへ(;゚Д゚)!

港の最前線・・・防潮堤が壊れてなくなり・・・水産加工場は流され・・・
木造家屋は基礎のみが残っている現場へつき・・・

やってきたボランティアは・・・

土のう袋つくり・・・
(;゚Д゚)!
10tダンプ2台分

ボランティアセンターの職員が・・・「一番キツイ作業ですので・・・あまり頑張らないでください」
って言っていたのがわかりました・・・

土のうと言っても、湾の中のワカメの養殖に使う重りにするそうなので、大体100万個いるそうです(;゚Д゚)!
今現在作ったもので2万個・・・全然足りてません・・・

20t分の砂利をひたすら袋に詰めていきます・・・
↑注 砂ではありません・・・砂利です・・・砂では袋から流れ出てしまうそうです

ひと袋詰めると・・・約70Kg (;゚Д゚)!重!!!

スコップでひたすら袋に砂利を詰めて行きます・・・
ほとんど土方ですね(笑) 最近マウスしか握ってない自分にはキツイ(笑)

ボランティアセンターの職員さんが「終わらなくてもいいですからね(笑)・・・無理しないでください」
って言っていた意味がよくわかります・・・
とにかくキツイ・・・

途中漁師さんが見に来てくれました(笑)

地元漁師さん 「お疲れ様 ボランティアありがとぉ キツイ作業だから無理しなくていいから」
我々     「せっかく来たのでなるべく頑張ります」
午前中の作業で1/3程度終わったので・・・

みんなで仲良く昼食へ(笑)
あ、写真撮るの忘れてる・・・

商工会つながりで・・・

地元 南三陸町商工会青年部の経営する 食堂へ
海鮮丼食べてきました(笑) 採れたて新鮮で美味しかった(#^.^#)
しばし休憩後・・・

再び作業に 戻ります・・・

地元漁師さんが 様子を見に来てくれました・・・

これ今までのボランティアに来てくれた人の記録が 30人で3時ごろまでかかったから
終わらなくていいよって言ってくれてます・・・

ここで・・・火が着いちゃったんですよねぇ・・・
我 成田市東商工会青年部が来ている以上 あまり役に立てずには終われない!!!
終わらせて帰ろう・・・と!!
↑30人がかりで終わらせたものを? 13人で?・・・(;゚Д゚)!
しかも体力勝負・・・

しょうがない ・・・ここまで遠慮していましたが・・・
建築系の後輩を中心に 私、現場仕切りました(笑)←ま、段取りや仕切りはいつものことなので・・・

建築系 しかも基礎工事が出来る人 三人いるんです←やはり午前中は少し遠慮していたみたいです
スコップで袋詰め班
袋を紐で縛る班←縛り方が難しい・・・
袋詰めしたものを運ぶ班・・・重い・・・
袋に詰めるときに砂利が広がるのでかき集める班
に分け・・・

あとはひたすら体力勝負!!!

我  成田市東商工会青年部 計13人の総力を 結集し(笑)
ジャリ20t 土のう袋450袋 
作業完遂!!  時間2時半

地元漁師さんや、ボランティアセンターの職員さんが 目を丸くして驚いてました(笑)
13人で 2時半に終わったことありませんだって(笑)
↑次の日全員筋肉痛(笑)エアーサロンパスのお世話になりました(笑)

地元漁師さん 「ボランティアで来てくれてありがとお、必ず復興しますから」
我々     「頑張ってください」
と、しか言えませんでした・・・東北の人強いですね・・・
逆に我々が元気を貰った気がします 恵まれた環境にいるんだから・・・もっとガンバラないと・・・



早めに終わったので資料撮影と 現地の人に話を聞いてきました


201109041617000.jpg
壁が残っているのはまだいい方・・・

20110904201013.jpg

テレビに良く出てくる南三陸町 防災庁舎です
献花台が設置されていました

津波は押し寄せては引き、また押し寄せ・・・
17回に渡って市街を通り抜け、山に突き当たるまで約20mの高さで押し寄せたそうです

17回ですよ・・・引き波に車や家屋が海へ一緒に流れて行くそうです・・・
いまでも 湾や近海には 家や車が海底に沈んでいるそうです・・・

20110904201016.jpg
未だに瓦礫の山・・・

現地では これで片付いてきた方と言っていました・・・これでですよ・・・悲惨さが垣間見えます・・・

住む場所も、仕事も、保証も、何もない 「0 」からのスタート・・・いえ・・・
違いますね・・・瓦礫の撤去や失われた人達・・・マイナスからのスタートにも関わらず
それでも被災地の人たちは復興に一生懸命です

義援金・・・政府の援助・・・被災地、現地で頑張っている人のところへは全然来てません・・・
それよりも強く感じたのが・・・

現地で お金を使うことです・・・
元お店があった場所に プレハブを立て 必死に営業をされています←私もお土産を買いました
地元民 「なにもかも自粛で、買ってくれる客がいないと・・・」

最近では 観光バスで ツアーでボランティアに来る人たちもいます
ツアーで来てくれた人たちが お土産を買ってくれるの一番だと言っていました

泊まったホテルでも・・・我々はボランティアに来てるから宴会は辞めようと言っていたのですが。。。

ホテルの支配人が直々にきて・・・
震災・津波以降・・・宿泊客激減・・・宴会は皆無売上が立たないと言ってました
やるようであれば・・・宴会もやって貰えたら嬉しいと・・・

被災地の切なる思いだと思います・・・
現地でお金を使うのも ボランティアになるんですね・・・

出来ることをコツコツと・・・

我々には・・・あと何が出来るんだろ?
筋肉痛になりながら考えるまぁくんでした・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おかえりなさいe-257

頑張りましたね~e-451
みんな「いい意味で負けず嫌い」ですね
私よくこれ言われます(爆)

私は元から自粛っていやで活性化のためには
お金を使うべしって言ってます
今回宴会も役にたったと思いますよ~

私達も元気にがんばらねばe-271

Re: ちよさんへ

ただいまぁ(#^.^#)
負けず嫌いですねぇ(笑)
終わらせてやる・・・ってみんな考えてました

現地では、プレハブを 元のお店のあった場所に設置して
必死に商売しておりました・・・
頭が下がる思いです。。。

義援金も政府の援助も。。。大きいところに使われて←それはそれでとても大事ですが・・・
実際の被災者には配分されていないのが現状です・・・
地元南三陸町商工会青年部さんをはじめ・・・各事業所は必死の思いでご商売をされています
実際に現地でお金を使うことが ボランティアになるんですね
少しでも復興の力になれれば・・・
全身筋肉痛のまぁくんでした(笑)

御苦労さんでした

3日間のボランティア活動本当に御苦労さんでした。

形式だけのボランティア活動で無く体を張った、それも目一杯のの活動に

頭が下がります。素晴らしいとしか言いようがありません。

みんなこの様に被災地の事を考えてくれれば、復興も断然と、早く

なると思います。そして云われる通り、やはり活性化が必要なのですね

中々難しい問題もありますが、やはり国が先頭を切って、この問題

に取り組んで欲しい、モタモタしている時間は無いと思います。

今回のボランティア本当にお疲れさんでした。

Re: レッドベレーさんへ

お疲れ様です(#^.^#)

正直疲れました(笑)
なにせ・・・宮城県・・・遠かった(笑)
冗談はともかく、現地で自分の目で見るのとテレビの映像で見るのとでは
全然違いますね・・・

何事も現地に足を運び自分の目で見て、自分で考えないといけないってことがよくわかります

それにしても・・・全身筋肉痛・・・(笑)

No title

出遅れてしまってごめんなさい・・・。
ホントにご苦労様でした
ガテン系の皆さん最初遠慮してたって
も~優しいんだからぁ~

ぽよこの叔父も東京で鉄筋屋してるんです
何回も職人連れて福島に
炊き出しやらボランティアやら
出かけてます

本当に有難いって思ってますよ
ぽよこは募金くらいしか出来ないけど
遅々として進まない配分に
直接渡したくなるけど
ぽよこ1人の募金じゃたかがしれてるもんね

総理も変わった事だし!!!
スピーディに対応してほしいものですね

No title

こんにちは^^

震災から半年・・・徐々に落ち着きを取り戻してきてるようでも
忘れちゃいけないし・・・まだまだ被災地は
復興に向けて歩きだしたところで
心の傷も津波の被害も大きいまんまですよね

数多くのボランティアの方々が現地に入ってくれて
復興の手助けのひとつ
経済を動かすこと お金を動かすこと
大事だと思います


わたしにできること継続して
やっていきたいです

東北のお饅頭を食べることと
お酒を呑むこと???^^

Re: ぽよこさんへ

優しいとゆうか・・・
クリーニング屋さんとか 車屋さんとか・・・保険屋さんとか
他の業種の人もいるから遠慮してペース落としてたみたいです(笑)

砂利の袋詰めって建築の中でも手作業でやると、一番キツイ作業なので(笑)

被災地ではまだまだ支援が必要ですね・・・
今回だけでなく、継続的な支援をしていく必要があると思います
一人一人が出来ることは小さなことかもしれないけれど・・・
みんなで共有していくことが必要だなって感じました

Re: ひめこさんへ

そうなんです、被災地はまだまだこれから復興に向けて
歩き続けなければなりません

それには継続的な支援がなければ・・・現状ではどうしようもないと思います

東北の饅頭を食べること(笑)・・・でもこれも必要だと思います
お酒を飲むこと(笑) これも大事だと思います(#^.^#)
↑飲みすぎ注意?(笑)

単純にボランティアするだけが支援ではなく・・・現地にお金が廻り経済が動くように
していかなければ、本当の復興にはたどり着けない気がします

一人では 出来ないことでも、みんなで力を合わせれば・・・
出来ることが少しでも見つかるんじゃないかな?・・・
一人でも少しでも 手助けが出来たら・・・・

なんて考えました

あらら

ブログ始めました
cafechouette
で検索
プロフィール

まぁくん Jbeam

Author:まぁくん Jbeam
45才 174 70 
日々精進!
明日はきっと出来るはず!
明日に向かって
ナイスチョット!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR